--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

A Magazine

IMG_4230.jpg

デザイナーのインスピレーションが詰まった雑誌A Magazine
London?Tokyo Styleの方でも何度か紹介した雑誌A Magazineは毎号異なるデザイナーがゲストキュレーターを務めるアントワープファッション美術館発行の季刊誌です。
ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)の発案によるNumber Magazineを前身とする雑誌で叙情的でフレッシュでピュアだった頃のファッション雑誌を復活させることが目的として創刊されました。
Aマガジンという名前の由来はAから始まり毎号違うアルファベットをつける予定だったのが急遽ディストリビューターが変わった為そのまま今でもA Magazineという名前を使っているそうです。
同じマガジンではあるが毎回違うキュレーターが務めているので全ての号に全く異なる世界が広がっています。
編集者がメインになって作る雑誌ではなく、デザイナー自身が1冊丸ごとプロデュースしているので一般の雑誌は完全に一線を画し、コントリビューターもデザイナーの好みのアーティスト達やデザイナーにまつわる超大物が多数登場しています。
第4号のキュレーターを務めたアンダーカバーの高橋盾さんカスタマイズによるエルメスの広告第1号のマルジェラによる靴下からカットソーを作る方法など毎回デザイナーの趣向の凝ったページが非常に興味深いものになっています。

自分のお気に入りのデザイナーの頭の中を覗くような感覚で読んでみるのも面白いかもしれないですね。発行部数は僅か1万5000部ですが個人的には現在Visionaireと並んで世界で最もクリエイティビティの高い雑誌の一つであると思います。
ちなみに今月発売される第6号のゲストキュレーターはVeronique Branquinho、どんな内容になってるか今から楽しみです。

■商品サーチ
A Magazine - Curated by Yohji Yamamoto
9077745025


masaki

応援クリックお願いします
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://londontokyostyle.blog41.fc2.com/tb.php/7-928181e6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。