--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

Inverallan

インバーアラン.jpg
アランセーターの最高峰ブランド
アランニット(セーター)の最高峰ブランドインバーアランは熟達したニット職人が最上質のピュアウールを約90時間かけて最低でも25,000回以上編み込む事によりやっと一つのセーターが完成するそうです。

市場で売られているものの全てにはその商品を担当した作り手の名前が入っているという徹底振りです。これは手編みであるということを知らせる為でもあるのでしょうが自分自身の作品に自信を持っているという意味もあると思います。
現在ではこのアランセーターを織る職人達が減少してきている為、生産数がかなり減ってきているそうです。

日本の大手セレクトショップなどではマルチカラーなどの別注物のインバーアランも発売されていますが個人的には単色のカーディガンをお勧めしたいです。

襟付きと襟無しがありますが、アウターとして着るなら襟付き、コートなどのインナーとして着るのであれば襟無しをお勧めします。
ちなみに私は襟無しの紫を愛用していますが日本の寒さではインバーアランをインナーとして着る機会はあまり無いので襟付きの方が様々な用途に使えると思います。
Aさんの紹介したような今シーズン旬のクライミングブーツとあわせても活躍してくれると思います。

インバーアランのセーターは一般的なセーターよりも多量のウールが使用されているので大変重く持ち運びや収納には少し面倒な面もありますがちゃんとケアさえすれば一生お付き合いできるというのもポイントです。

■商品サーチ
インバーアラン


masaki

応援クリックお願いします
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://londontokyostyle.blog41.fc2.com/tb.php/32-8cb6ca7a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。