--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

Time for Heroes: the Best of the Libertines

Libertines.jpg

2000年代UK Rock最重要バンドのベスト
今回は少しタイムリーな話題です。
今週UKでLibertinesのベストが発売されました。

Libertinesといえば2002年にクラッシュのミックジョーンズによるアルバムでデビューし
圧倒的なライブパフォーマンスやファッション性そしてフロントマンの一人であるPeteの素行の悪さなども話題となりUKをはじめヨーロッパ中を席巻したバンドです。

決して売り上げ的に物凄い記録を残したバンドではないですが彼ら登場前と後ではUKの音楽シーンが変わったと言っても過言ではないでしょう。

3度生でLibertinesのライブを見ているのですが2003年に一度だけPete, Carlの二人が揃っていた時のライブがとても印象に残っています。

Pete Dohertyの影響力は音楽界だけに留まらず元Dior HommeのHedi Slimaneも彼をモデルに写真集を発売したり彼(Carlも)にインスパイアされた洋服をデザインしたりとファッション界でもここ数年彼から影響を受けたデザイナーそして彼を真似する若者が後を絶ちませんでした。
恋人のKate Mossとの関係は現代のシドそしてナンシーにたとえられたりもしていました(現在は別れてしまいました)。

勿論度重なるドラッグ問題、メンバーの家に万引きして逮捕などティーンに与えた悪い影響も数知れず90年代のオアシスのギャラガー兄弟以上の問題児といえるでしょう。

彼らの音に対しては演奏が下手などとも言われていますがテクニックのことを言えばきりがないのでそんなことを気にせず聞いて欲しいなと思います。特にファーストは若さもありますが疾走感に溢れています。私自身2002年に来英しているのでとても思い出深い一枚です。

たった2枚のアルバムを遺しただけで解散してしまったまさにピストルズのようなバンドでしたが今回のベストには捨て曲無しの良い曲ばかりが集まっています。

babyshambles, Dirty Pretty Thingsとなってからあまり聞かなくなりましたがベスト版の発売で最近再びよく聞いていますが、今聞いても良いバンドだなと思います。

PeteやCarlのファンの方は勿論、UKロックが好きなのにビジュアルやその他の問題に話題が集まるので今まで敬遠してきたという人にも是非聞いてもらいたい一枚です。

■商品サーチ
The Best of the Libertines@amazon

masaki

応援クリックお願いします
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://londontokyostyle.blog41.fc2.com/tb.php/29-b549bc32
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。