--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

Crate





デッドストックジーンズ
もはやジーンズ作りはアメリカからはなれ、現在は日本のデニム生産はトップレベルだと思います。現在世界中でのプレミアムジーンズブームも日本産のデニム生地が多用されてることが大きいでしょう。ただ、本当のヴィンテージに比べて色落ちなどで納得いかない場合もありますが、またひとつの味と考えてみるのもいいでしょう。その中で70年代から80年代のデッドストック、つまり不良在庫として未使用でのまま残っていた生地からデニムを作りだしたブランドを紹介したいとおもいます。

そうやって残っていた生地だけにリーバイスやリーなどいわゆるビンテージデニムの王道を行くブランドで使用されたものではありません。ですから、そういった色落ちもしないでしょう。多くはアメリカ南部でハウスブランド用の生地として用いられていたものです。
デニム製作はロスアンゼルスのロフト式建物ですべての工程を裁断から縫製まで手作業で行い、にて行われ、クレートのスタッフの何人かはその建物の2F部分で寝起きしてるそうです。古い生地で現代のシルェットの裁断はもはや70年代80年代のジーンズやセレブデニムとは一線を画すことでしょう。

アメリカンアパレルなど、アメリカ製にこだわった製品を現在愛用してる人にはおすすめしたいジーンズです。

■商品サーチ
CRATE


Yama

応援クリックお願いします
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://londontokyostyle.blog41.fc2.com/tb.php/15-35d511b3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。