--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

Topsiderデッキシューズ




再び脚光を浴びつつあるアメトラの定番シューズ
1935年にアメリカのマサチューセッツにて開発されたトップサイダー。氷の上を歩く犬の足からヒントを得たフラットのラバーソールのスペリーソールのデッキシューズが有名なブランドです。

Thom Browneをはじめband of OutsidersそしてTimothy Hamiltonなどの影響で今再び脚光を浴びてるトップサイダーですが日本では70~80年代にかけてアイビースタイルやプレッピースタイルの影響で人気を博しました。

下の画像は先日NYで披露されたBand of Outsidersの08S/Sコレクションです。細身のプレッピールックの足元に合わせているのはTopsiderのデッキシューズ。どうやら来シーズンBand of OutsidersからダブルネームでTopsiderのデッキシューズが発売されるようです。

00090m.jpg



写真のようにソックスとショーツのスタイルは合わせるのは普通の人にはなかなか難しいので素足、もしくはくるぶし丈のソックスをあわせて履くのがいいと思います。トップはカジュアルでも写真のように少し綺麗な格好をして足元ではずす、と言う着こなしでも良いかと思います。

レザーのモカシンタイプが苦手な人はキャンバスのスニーカータイプもあるので使用用途や気分によって履き分けるというのもいいかもしれませんね。購入してからなかなか出番の無かったトップサイダーのデッキシューズですが来期は久々に活躍してくれそうです。

■商品サーチ
トップサイダー(楽天市場)


masaki

応援クリックお願いします
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://londontokyostyle.blog41.fc2.com/tb.php/14-de0b662b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。